/*Font Awesome*/ /*Prism.js*/

[ワーホリ][就活] カナダの就活文化を知る!英文履歴書「Resume」と添え状「Cover Letter」の違いを説明するよ!

ワーホリ等でこれからカナダで就活をする人向けです!

カナダの就職活動に必須の、Resume(レジュメ)とCover letter(カバーレター)。

日本でも外資系企業の就活に使われたりするため、聞いたことがある方もいるかもしれません。

本記事では、Resume/Cover letterとは何なのか?と言うところから、それぞれの違いや特徴までを分かりやすく説明していきます!

「Resume」と「Cover Letter」の違い

それぞれについて一言で表すと、

  • resume=履歴書
  • cover letter=添え状

となります!

カナダの就活ではこの2つをセットで提出します。

レジュメはこれまでの経歴や資格等を書いた履歴書、カバーレターは一緒に提出する手紙、と言うとイメージしやすいかと思います。

「Resume」は学歴・職務経歴書

冒頭でも述べた通り、Resumeは履歴書の役割をするものです。

日本の履歴書との違いは、日本では履歴書用紙と言う決まったフォーマットがあるのに対し、カナダでは決まった用紙はなく、各自で作成する形になります。

Resumeにも履歴書同様、名前や連絡先などの応募者情報、学歴・職歴。技能・スキル等を記入します。

日本の履歴書のような志望動機等は記入せず、客観的な事実だけを書きます。

なので日本の履歴書と比べると幾分シンプルと言えます。

「学歴・職務経歴書」と言った方がイメージしやすいかもしれません。

「Cover Letter」は自己PRの添え状

日本にはあまり馴染みのないシステムですが、カナダの就活ではCover Letterという添え状、挨拶文のようなものを一緒に提出するのが一般的です。

これが何故重要なのかと言うと、採用者はレジュメよりも先にカバーレターに目を通すからです。

つまり、その内容によってはレジュメを見てもらえないということです。

カバーレターを読んで興味を持った応募者のみ、レジュメを見てもらえるので、そこから面接など次のステップに進むことができます。

ただ、

一般的なアルバイト(ショップやカフェなど)では提出を求められないことの方が多いので、ワーホリであればそんなに悩まなくても大丈夫かなと思います。

まとめ

カナダの就活に必須の、Resume・Cover Letter。

レジュメが学歴・職歴など客観的事実を箇条書きで示すのに対し、カバーレターは自身の性格や長所、志望動機、自分がいかにその会社に役立つのかなどを文章で表現します。

日本の履歴書で言うとレジュメが学歴や職歴の欄、カバーレターが志望動機や長所を書く欄の役割に近いです。

それぞれの特徴を理解して、採用者の印象に残るものを作りましょう。

ワーホリの際に役立つ、ワーホリのためのレジュメの書き方の記事もよかったら参考にしてください。