英語初心者、洋楽初心者も聞き取りやすい英語の曲を集めました

2020年4月30日

英語に慣れるには洋楽が良いって聞くけど、全然言ってることが分からない、そもそもアーティストを知らない、何を聞いたら良いか分からない、英語学習におすすめと言われるビートルズやカーペンターズを聴いてもいまいちピント来なかった

そんな疑問に答えます。

記事を読んで分かるようになること

  • 英語初心者も単語が聞き取りやすい洋楽のプレイリスト
  • 英語学習者が洋楽を聴くメリット
  • 洋楽を最大限に活かせる勉強法
  • 洋楽だけで勉強できる限界点

では早速見ていきましょう!

単語が聞き取りやすい洋楽のプレイリスト

⭐️聞き取りやすい曲たちのプレイリスト

こんな洋楽の曲たちを集めました。

  • 単語が聞き取りやすい
  • 比較的ゆっくりめ
  • 曲自体がキャッチーで聴きやすい
  • ジャンルはポップ、静かめなEDM
  • 男声、女声の両方ミックス

全部の内容を理解する必要はないので、知ってる単語をいくつか拾えたら良いかなと思います!一部でも拾えるとモチベーションも上がるし楽しくなるのでぜひ!

自分が普段使っているアプリSpotifyプレイリストとして作成しましたが、アプリを持ってない人向けにダウンロードリンク、もしくはYouTubeのリンクも用意したのでどうぞ。

アプリのダウンロードはこちら

Spotify: 音楽のストリーミング。新しいアーティスト、プレイリスト、ポッドキャストを発見。

Spotify: 音楽のストリーミング。新しいアーティスト、プレイリスト、ポッドキャストを発見。

Spotify Ltd.無料posted withアプリーチ

洋楽は日本語にはない「音」に慣れるのに効果的

日本人にとって英語が難しく感じる要因に、

  • そもそもの音(母音・子音)の違い
  • 会話における抑揚やリズムの違い

があります。

洋楽は特に、日本語にはない、英語特有の音に慣れるのに効果的です。 

それに音楽好きであれば楽しく学習を続けられるし、日常のちょっとした時間にできて最高ですね!

リスニングCDは飽きてしまう、ドラマや映画は難しすぎて戦意喪失する、といった人にもおすすめです。

洋楽で効果的に勉強する方法

普通に聴いているだけでも音に慣れることはできますが、更に効果的に活用する方法があります。

聴く(歌詞は見ない)

まずは聴く。この段階ではまだ歌詞は見ません。

先に歌詞を見てしまうと、カタカナ英語の先入観が邪魔をして英語の耳になっていくのを妨げてしまうからです。

メロディだけでなく耳に音が残るくらいに聴き込むのがポイントです。

声に出して歌う

一部だけでも、音源を聞かなくてもメロディのみならず発音ごと脳内再生できるくらい聴き込んだら、実際に声に出してみます😀

あんまり厳しくてもモチベーションが下がるので歌詞見てもOK🙆‍♀️全部覚えてなくても大丈夫です。

歌詞を和訳

実際に和訳してみると、隅々まで見ることになるので意外な発見があります。知らない単語とか構文に出会えたりします。

単語を調べるときは、発音もセットでやるのがおすすめです。

録音して発音をチェック

ここまでやらなくても良いのかもしれないしもっと効率的な方法があるかもですが、昔自分がよくやってて効果も結構あったのでのでシェアします笑

遂に録音してみます!笑

本物の音源と聴き比べて、違いを徹底的に研究します。何でカタカナっぽく聞こえるのか、自分の苦手な音は何なのか、など。発音もよくなるし、いろんな曲で繰り返していけばカラオケのレパートリーも増えるので一石二鳥ですね😁留学してる人は、ネイティブの友達が増えるきっかけになるかも…?!

英語学習者が洋楽を聞くメリットまとめ

一回ここで整理します、英語の学習に洋楽を取り入れることのメリットについてまとめますね!

  • 英語の音に慣れることができる
  • 発音を覚えやすい
  • 和訳すれば単語や文法の勉強になる
  • ハマれば楽しく継続できる
  • ネイティブの友達も増えるかも?!

ただ、洋楽で勉強できるのは限界がある、なぜなら会話は音とリズムだから!

では、「洋楽を聴き続けていたらリスニングや発音をマスターできる?」と思いたいところですが、

残念ながら答えはNO🙅‍♀️です。

なぜなら、

  1. 歌詞に使われる単語には偏りがある
  2. “音"は覚えられるけど会話の"リズム"は覚えられない。

これが洋楽だけでは限界がある理由です。

1つ目の理由はイメージしやすいかと思います。歌詞中の英語って、めっちゃ楽しいとか恋愛系が多いですよね。

発音は音、会話はリズム

本題は2つ目の理由です。

英語での会話には特有の抑揚やアクセント、間の取り方、音の強弱があります。「ネイティブっぽさ」を出しているあれです。例えば目の前の英文を音読する時、「どうやったら英語っぽく聞こえるか分からない」という経験をした人もいるかもしれません。

洋楽だとどうしても、「メロディーに合わせたリズム」になってしまい「会話中における英語のリズム」を身に付けることはできません。

自然な話し方をマスターするにはやはり会話を聞いて慣れる必要があります。

そのため、洋楽は英語の音自体に慣れるのにはもってこいですが、それだけで全てを伸ばすには限界があります。

「音」を覚える、「リズム」を覚える、で使い分けられると楽しいですね!

最後に&YouTubeリンク集

以上!

英語が聞き取りやすいプレイリストと勉強方法まとめでした!

最後に、一応ダイレクトにそれぞれの曲へ飛べるリンクをまとめました。

それでは良い英語ライフを😄