/*Font Awesome*/ /*Prism.js*/

[WordPress]写真付き!Google XML Sitemaps 設定方法を説明するよ!

2020年1月4日

WordPress定番プラグイン「Google XML Sitemaps 」のインストールから最初の設定方法に関する記事です📖

インストールしたものの使い方が分からない…

そもそもサイトマップって何?

全然大丈夫です😄

本記事では、インストールから設定の仕方まで、初心者にも分かりやすく画像付きで解説していきます😆

必要なもの
  • プラグイン「Google XML Sitemaps」のインストール
  • Googleアカウント(グーグルサーチコンソール追加時に必要)
  • Google XML Sitemapsってどんなプラグイン?

    Google XML Sitemapsとは、サイトの検索・表示に関わるプラグインです。

    具体的には、WordpressのXMLサイトマップを自動で作成し、検索エンジンに通知してくれる役割を持っています。

    XMLサイトマップというのは、検索エンジンにサイトの内容を分かりやすく伝えるために、サイト内のページ構成を一覧表示したものです。

    XMLサイトマップ=『検索エンジン用サイトの目次』と思ってくれたら良いよ!

    では何故これが必要なのか?

    サイトが検索結果に表示されるには、クローラーと呼ばれる巡回ロボットにサイト内を巡回&検索エンジンに反映してもらう必要があります。

    そこで!

    XMLサイトマップ(=目次)を提供することにより、素早く効率的にクロールしてもらい、検索結果への表示も早めることができます。

    目次ありなしじゃ探しやすさが全然違うもんね〜

    と言うことでまとめ!

    Google XML Sitemapsは、サイトのコンテンツを検索エンジンに表示されやすくする役割を持っているよ💡

    では、概要が分かったところで早速設定していきましょう😄

    Google XML Sitemapsをインストール&有効化

    こちらから、もしくは

    WP管理画面→「プラグイン」→「新規追加」で検索&インストール。

    インストールが完了したら、有効化ボタンをクリックして有効化してください。

    インストールしただけではまだ使えないので、しっかり有効化までしてね💡

    設定画面への入り方

    プラグイン有効化をクリックしたら、WP管理画面の左メニュー「設定」→「XML-Sitemap」で設定画面にアクセスできるようになります。

    これからいじることは4つ。

    • 通知の設定
    • サイトマップに載せる内容の設定
    • 更新頻度の設定
    • 優先順位の設定

    です。

    基本的な設定

    通知を更新

    ここでは「検索エンジンに更新を通知するか」の設定ができます。

    どれもすごく大切なので3つ全てにチェックを入れましょう💡

    上から、

    • 更新をGoogleに通知する
    • 更新をBingに通知する
    • サイトマップの場所をクローラーに正確に伝える

    という設定項目になっています。

    めちゃくちゃ重要そうでしょ?😄

    高度な設定

    特にこだわりがない限り、

    「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外すことをお勧めします。

    少しでもエラーが起こりにくくするためです。

    チェックを入れたままにしておくと、HTML形式でも見ることができるようになります。

    が、情報量が増えるとその分エラーも起こりやすくなります。

    そんなに大した差ではないのですが、少しでも無駄な動作を減らす為、自分はこの機能をオフにしています。

    それ以外はデフォルトのままでOKです💡

    「基本的な設定」の最終画面がこうなっていたらOK💡次に進もう😄

    Additional Pages

    「基本的な設定」のすぐ下に「Additional Pages」という項目があります。

    これは必要があればサイトマップに手動でページURLを追加するための設定なのですが、特にいじらなくて大丈夫です。

    投稿の優先順位

    これは後ほど、手動でもう少し細かな設定をします。

    なのでここでは「優先順位を自動的に計算しない」にチェック。

    Sitemap コンテンツ

    ここではサイトマップに載せるコンテンツを設定します。

    言うならクローラーにサイトのコンテンツ(中身)を知ってもらうための設定です💡

    従って、

    クロールして欲しいページ、即ちSEOに関連する次の4つの項目に必ずチェックを入れます。

    • ホームページ
    • 投稿(個別記事)を含める
    • カテゴリーページを含める
    • 最終更新時刻を含める
    画面はこうなっているよ!

    ここで全てにチェックを入れない理由は、

    固定ページ(お問い合わせやプライバシーポリシー)などサイトの内容に直接関係ないページを除外することにより、クローラーがより効率よく巡回できるため💡

    です!

    Excluded Items

    ここではサイトマップに載せないコンテンツを指定することができます。

    基本的にはデフォルトのままでOKです。

    Change Frequencies(更新頻度の設定)

    ここでは予測される記事の更新頻度を設定します。

    メモの通りこの設定が絶対ではありませんが、更新頻度が高いページほどクローラーが巡回しやすくなります。

    画像を参考に設定してみてください。

    優先順位の設定 (priority)

    ここではサイト内のページの重要度を設定します。

    1.0(非常に重要)から0.0(全く重要ではない)まで設定できます。

    こちらも更新頻度の設定同様、クローラーの巡回に関わります。

    先ほどの、更新頻度の設定を参考に、更新頻度の高い項目の優先順位を高めに設定しましょう。

    以上!

    ここまで出来たら、「設定を更新」をクリック!

    クリックし忘れるとさっきまでの努力が無かったことになるよ!ぴえん!

    一旦これは置いて、次はサーチコンソールの設定をするよ!

    グーグルサーチコンソールにサイトマップを追加する

    Google Search Console とは、Googleが提供する無料のSEOツール✨です!

    Googleサーチコンソールにアクセス

    まずは自身のGoogleアカウントにログインしているのを確認しましょう。

    次にGoogleサーチコンソールにアクセスします。

    すると、こんな画面が出てくると思います。

    「URLプレフィックス」を選択し、

    自身のサイトURLを入力、

    「続行」ボタンをクリック。

    サイトの所有権を確認

    すると、こんな画面が出てくると思います。

    お勧めの方法は「HTMLファイル」となっていますが、今回はより簡単な、

    「HTMLタグ」

    による確認方法を使いたいと思います。

    簡単に言うとメタタグをサイトにコピペする方法です。

    画面を下にスクロールし、「その他の確認方法」→「HTMLタグ」をクリックして展開してください。

    こっちを選んで〜

    すると、メタタグのコピー画面が出てくると思います。

    コピーボタンをクリック💡

    これからやることは、メタタグをコピーし、それをサイトのhead内に貼り付けるという作業です。

    headの編集画面に入るために、まずはWP管理画面に行きましょう。

    🌾Luxeritasの場合:

    「Luxeritas」→「子テーマの編集」→アクセス解析(head)

    この画面になればOK!

    使用しているWPテーマによって若干の違いはあるかも知れませんが、だいたいこんな感じで入れると思います。

    もし、子テーマを使用していない場合は

    「外観」→「テーマエディター」→テーマファイル「add-analytics-head.php」で行けると思います。

    これからファイルを編集していくのですが、

    念のため、バックアップを必ず取っておこう💡

    編集前のコード全文をコピーし、メモ帳などに貼り付けておきます。

    万が一、いじっておかしくなった場合に元に戻す対策は大事だよ!

    バックアップを取ったところで、headファイルを編集していきます。

    サーチコンソールに戻ってメタタグをコピーします。

    それをheadファイルの1番下に貼り付けます。

    分かりやすいように<!–グーグルサーチコンソール–>をメモとしてコピペしておきましょう。

    <!– –>で囲わずに全角入力するとエラーになってしまうよ

    1番下の「ファイルを更新」をクリック💡

    クリックし忘れると今までの努力も無かったことになるよ!ぴえん!

    再びサーチコンソール「所有権の確認」に戻り、「確認」ボタンをクリック。

    この画面が出たら確認完了です!

    ここでは自動確認になってるけど、「所有権を確認しました」でももちろんOK!
    あともうひといき!

    サイトマップの追加

    ここでようやく、先ほどのサイトマップを追加していきます。

    サーチコンソールの左メニュー→「サイトマップ」をクリック。

    「新しいサイトマップの追加」にURLを入力し、送信ボタンをクリック。

    その前にサイトマップURLの調べ方を教えてください!

    サイトマップURLは、WP管理画面の左メニュー「設定」→「XML-Sitemap」で「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:」として表示されています。

    この画像で言ったら「sitemap.xml」の部分をコピーして、先ほどのサイトマップ追加画面にペーストしましょう。

    sitemap.xml だったり /index.php?xml_sitemap=params= だったり。

    送信されたサイトマップに「成功しました」と出たら完了です。

    これで全設定が完了したよ!やったー😄

    最後に

    これでGoogle XML Sitemapsの全設定が完了しました!🎉🥂🍾

    複雑そうに見えますが、1個1個やって行けば大丈夫!です!

    無事に設定も済んだところで、楽しく記事を書いていきましょう😄